医院ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重歯のお話

こんにちは
大田区大森西にありますグリーンアップル歯科医院の菊地です

今日は八重歯のお話をしたいと思います
日本人は顎が小さくて歯並びが悪いイメージがあります
実は私も八重歯です

ではなぜ八重歯になるのでしょうか?

実は歯の生える順番は前から順に抜けていくのは下あごだけで、上あごは4番目→3番目→5番目の順で生える割合が
一番多いのです。

顎が小さいと3番目の生えるすきまがないので上の方に残ってしまいます。
それが八重歯になるのです。。。

yjimage[10]


八重歯の欠点は、
①汚れがたまり、虫歯や歯周病になりやすい
②口内炎になることがあります
③見た目が悪い(日本人では好きな人もいます笑)

子供のうちに矯正することでこれを防ぐことができます
当院では矯正相談を無料で行っております

3月の矯正の相談日は
3月11日(水)、18日(水)、25日(水)の18時~です

八重歯だけでなく、歯にすきまがあいている方、ガタガタな歯並びの方などお気軽にご相談ください


スポンサーサイト

学校検診

大田区大森にあるグリーンアップル歯科医院 
矯正担当の森田です。

新学期が始まると、4月、5月あたりに学校検診があります。
これは、虫歯の発見、不正咬合の検査などをチェックしています。

不正咬合が見つかり矯正治療をスタートする最適な時期は、前歯が出た後の7~8歳くらいとされています。
しかし、ケースによってはそれよりはやくから治療が必要な場合もあります。

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳・7_convert_20110503165055

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳・17_convert_20110503165252

小学生くらいのお子様の成長は個人差が出る時期でもあります。(上記患者さんは8歳)

タイミングよく矯正治療を行うことで、短期間で不正咬合を治療することが可能です。

矯正治療を開始する時期でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

前歯の隙間

今日は前歯の隙間の矯正治療についてお話します。

上の前歯が開いているのは目立ちますよね。

隙間が開くのは様々な理由があります。

隣の歯が(2番目の歯)小さい、過剰歯が邪魔してる、小帯(上唇についてるヒダ)が大きいなどがあります。

さらに空隙歯列といわれる不正咬合や歯周病なども考えられます。

これらは矯正治療で治すことも可能です。

矯正治療は期間は少しかかりますが、削ったりしないので自分の歯でいられます。

何か気になる事がありましたらお気軽にご相談下さい

新しい矯正治療


大田区大森にあるグリーンアップル歯科医院
矯正担当の森田です。

今日は新しい矯正装置をご紹介します。

矯正治療は長い歴史がありますが、近年、歯科材料も進歩していて、新しい装置も出来てきています。

この写真の装置は成人の矯正治療において、ネジのようなものを歯茎に置き、そこからひっぱり、歯を動かす装置です。強い固定源となるために、歯を効率よく動かす事が出来ます。
RIMG0043  グリーン

治療が終わったら外します。今ではこんな便利な装置があります!

名称未設定 16グリーン用

大田区大森にあるグリーンアップル歯科医院
矯正担当の森田です。

この前お話した出っ歯を治す装置です。

この装置をお口に入れているだけで治っていきました。

ご飯を食べる時などは外せます。

これは成長期に使う装置です。

不思議な装置ですがよくなっていきます!

その他にも色々な矯正装置がありますのでこれから写真で紹介していきたいと思ってます!
プロフィール

Dr.Morita

Author:Dr.Morita
manzana-verde.net
〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-12
TEL 03-6459-6230

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。